リフォームのポイント

リフォームする時期って?

リフォームには場所や箇所、仕様などにもよってリフォーム時期が違います。一例をご紹介しますので、リフォームする時期の参考にしてみて下さい。

リフォームの時期一覧

トイレ

トイレのリフォーム時期は便器などは15〜20年目安です。点検が大事1〜2年を目処にタンク内にある部品を点検しましょう。部品が古くなると、水が止まらない、流れないなどの不具合の原因になる場合があります。浮き玉パッキンなどは5年が交換の目安です。

風呂・浴室

お風呂のリフォーム時期は仕様によって変ってきます。システムバスは20年前後、 タイル仕上げ10〜15年がリフォーム時期です。タイル仕上げの場合には、タイルの割れや傷んだことろから水滴が浸水して土台、柱が水分を含む可能性がありシロアリ発生の原因になる場合があります。目地の割れやコーキングの傷みなどチェックして補修しましょう。

キッチン・洗面台

キッチン、洗面所のリフォームは20年前後が時期です。水漏れなどがあった場合は、割れ、腐食などをチェックしましょう。

給水・給湯

給湯器は設置場所によって交換時期などがかなり変ります。3〜5年を目処にパッキンの交換をお勧めします。

排水管 キッチン、洗面台

水漏れを定期的に点検することをお勧めします。トラップ部分が外せれば外して掃除するといいでしょう。

クロス

通常ビニルクロスの限度は5〜7年位です。クロス同士の継ぎ目がめくれ、変色、はがれ始めていたら貼替え時期。

畳は2〜3年が裏返し時期と言われています。

屋根・外壁 瓦葺

15〜20年が目処となります。金属板10年〜15年。割れ、色あせ、色落ち、浮き、さびなどを3〜5年から可能性が出てくる場合があります。

  • 壁に雨が弾けば全く問題はありません。
  • 雨が壁に染み込んだら塗替え時期です。
  • 雨が少したれてきたらあと数年は大丈夫でしょう。