見積もり内訳

重要な、内訳明細書について

昨今悪徳リフォーム会社など工事費用の明細や見積もり書の明細など不明慮で総額のみを記述した費用の内訳書などがあります。その際は見積書の段階で気をつけましょう。
また、材質、数量、単価で金額が決まるような工事については、その内訳明細書を確認しましょう。

※住宅関連の仕事は基本的に内装工事をする職人、電気工事の職人、設備を機器を取り付ける職人と分かれています。

内訳明細書の解説

仮説工事費

工事の為に足場や仮設トイレなどの費用。

解体・撤去費

壁や機器の解体や撤去に必要な費用。産業廃棄物としての処理が必要になります。
(運搬費は別になる場合があります。)

左官工事費

内装の漆喰塗りや外壁のモルタル塗りなどの施工費用。

建具工事費

ドア、障子、襖などと、その取り付け費用。

木工事費

柱や梁の補強などの木材を使用する工事の費用全体を指します。

塗装工事費

建具の枠まわり等の塗装の費用。ただし、外壁の塗装費用が計上される場合もありますので、塗装箇所が明確することが必要です。

内装工事費

天井、床、壁の張り替えなどの施工費用。

タイル・石工事費

トイレ、浴室、流し台まわりなどのタイル工事の施工費用。

雑工事費

造り付けの家具などの費用や、カーテンレールの取り付け施工費。その他項目に分類できない小工事を指します。

設備工事費

電気、ガス、給排水工事の施工費用。

外溝工事費

門、塀、ベランダ、車庫工事の施工費用。

諸経費

運搬や現場管理などにかかる費用。

設備機器や機材明細

キッチンや洗面所などの設備機器や屋根、外壁などの商品の価格が別途明細などがあります。