ペットリフォーム

ペットとリフォーム

ペットリフォームで快適

ペットリフォームは、家族の一員であるペットと飼い主が生活する上で、ペットと飼い主の空間、飼い主の利便性や家で飼うことによる室内の傷などの問題をリフォームで解消することが目的です。

問題点を明確に

リフォームに関しての問題点を洗い出すことで飼い主の利便性とペットの空間が見えてきます。
ペットによる問題は、消臭、傷、温度調整、清掃など様々です。あいにくペットは話す事ができません。飼い主がイメージする事とペットの行動を把握してリフォーム会社に明確に伝える事が大切です。

犬と猫の習性

犬、猫の習性からリフォームを検討しましょう。
飼われているペットの約63%は犬、27%は猫だそうです。

  • 本能的にかじりたい欲求
  • 守りの習性
  • マーキング
  • 視界、体温調節
  • 爪とぎ
  • 清潔好き
  • 室内飼い
  • 上下運動

ペットリフォームは様々

  • ペット用ドア
  • 専用洗い場
  • 床暖房
  • 表面強化材の壁紙
  • 消臭や拭き取り易いクロス
  • ペット専用エクステリア
  • コンセントの移設する
  • 電気配線などをモールでカバー
  • ペット専用出入り口の設置
  • カーテンからロールブラインドへの交換
  • 柱などの傷のメンテナンス
  • ペットゲートの取り付け
  • 猫専用トイレの設置
  • 防音工事
  • キャットタワーの設置
  • キャットステップ

ペットの怪我と病気

ペットでもシックハウス症候群になることがあります。
動物の嗅覚、中でも犬の嗅覚は人の100万倍。化学物質などでできた塗料、接着剤などの臭いは、ペットを最も苦しめます。皮膚病や花粉症などのアレルギーの症状も認められ、深刻化してきています。ペットは人よりも過敏な影響を受ける事もあります。
また、つるつる滑るフローリングの影響で、動物の足に負担をかけるだけでなく、転んだり、股関節脱臼やO脚になったりする事もあるそうです。ペットの病気と怪我を配慮したリフォームもペットリフォームで考えなければいけない事の一つです。