外壁のリフォーム

外壁は、外界との大事な仕切りです。

毎日雨や風、暑さや寒さ、日光などにさらされる為、性能の良さが大事です。その性能を維持しつつ、デザイン性に優れた外壁材もたくさんありますので、よく選んでみましょう。またリフォームの場合などでサイディングを選ぶ場合もありますが、それほど高価なものではありませんので、必ず相見つもりを取ることをおすすめします素材による違いを超えて、あまりにも高い場合は早めに断りましょう。

一般的な外壁材の種類

塗り壁

塗装には樹脂系の塗料を吹き付ける場合と、ローラーやコテを利用して模様を付けたりする場合があります。最近ではコテを使って塗り後をワザと残す壁も人気が高いようです。また放湿性や断熱性に優れた自然素材を利用した塗り壁もありますので、興味があれば調べてみると良いでしょう。

タイル

粘土に鉱物を混ぜて、板状に焼いた素材です。焼き方の違いで、分類されていますが人気が高いタイルは、磁器質やせっ器質で、耐火性、耐久性などが他の物より高くメンテナンスも必要以上にかかりません。

サイディング

サイディングとは、ボード状の外壁材で壁にそのまま貼っていく形になります。材質の違いでは、金属系や木質系などがあります。比較的低価格な事と施工が早い事がメリットで、現在外壁材の主流となっています。

木質系サイディング

木質系は断熱性に優れていますが、耐火性が低く都市部では使えない場合もあります普通の施工業者であれば、きちんと説明してくれますが一応自分でも調べてみると良いでしょう。

金属系サイディング

金属系サイディングは、施工が早く商品のバリエーションも豊富です。ただし金属の為そのままでは断熱性が落ちます。断熱性をよくした金属系サイディングもありますので、注意して選びましょう。

外壁のチェック

外壁は、「小さな傷み」のうちに確実に治すことが重要となってきます。とはいうものの、外壁の修理には多額の費用が必要ですから、すぐさま「ヒビ割れ=塗り替え」というわけにはいきません。そのために、その応急措置として、壁用のコーキング剤でヒビ割れを補修することにより、とりあえず水の侵入は防ぐことが出来ます。

しかし、ヒビ割れ以外にも水は侵入することがあります。外壁は太陽の紫外線による劣化防止や防水効果を目的として塗料を塗るのが一般的ですが、特にモルタル外壁の場合、塗料による防水効果がなくなると、外壁自体に直接水が浸み込んでしまいます。

外壁の健康状態をチェックするには何を目安とすればよいのでしょうか。それには次のような方法があります。

チョーキング現象

一日のうちで、一番長く日の当たる場所の壁に触ってみてください。手に白い粉のようなものが着いた場合は塗料の防水効果が切れかけているサインです。これを「チョーキング現象」といいます。
ピンホール、ヘアラック外壁の表面にポツポツと小さな穴が幾つも開いていることがあります。これは吹き付け塗装などの時に空気を巻き込んでしまい、乾燥過程でその空気が抜けるときに出来る穴で「ピンホール」といいます。これもやはり防水効果を損なう原因になります。一見、何ごともないように見える壁でも、よく見ると無数の細かいヒビが入っていることがあります。これを「ヘアラック」といい、防水効果切れの赤信号です。

塗装の種類

セラミック塗装
耐久性
10〜15年
特徴

陶磁器と同じで、砂を1200度〜1400度で焼いて発色させていますので、色あせが無くいつまでも美しい色調を保ちます。仕上げにシリコーントップコートでコーティングしますので汚れも付きにくく、水洗いも出来ます。 高級感の仕上がりと耐久性が特徴。

フッ素塗装
耐久性
15〜20年
特徴

フッ素樹脂塗膜はその優れた耐候性から、他の塗膜に較べ長期の素材保護能力を持っています。
しかし、塗膜の持つ微細な構造から汚れに対する耐汚染性では、実施例からは他の塗膜との間にそれほど顕著な差異は生じていません。 設置初期の塗膜の耐汚染性が、経年による汚れの付着により、フッ素塗膜のもつ撥水性が失われるためです。

光触媒塗装
耐久性
7〜10年
特徴

光触媒塗装は、紫外線にあたることにより、汚れを分解し、付着を防いでくれます。効果は半永久的なので、いつまでもキレイな状態が保っています。また、キレイな外壁を維持するだけではなく、大気浄化をする環境浄化材料です。

シリコン塗装
耐久性
10〜13年
特徴

環境に優しく、耐久性と耐熱性にも優れています。

ウレタン塗装
耐久性
7〜10年
特徴

非常に塗膜が強く、かつ耐水性、耐久性に優れています。