玄関のリフォーム

家の顔、玄関のリフォーム

玄関のリフォームを検討する際のポイントは広さと方角を気にする型が大半を占めます。昨今の住宅事情などの問題はありますが、リフォームを検討するときはやはり方角、明るさ。

玄関フォームのポイント

北向き玄関の問題

北向きの場合はどうしても暗くなりがちです。暗さの問題はいろいろのな方法で対処しています。玄関横の壁に日差しを取る為、窓を付ける。玄関ドアをガラス入りのものにする。吹き抜けを作るなどがあります。

広さ

玄関のホールが取れない場合、廊下幅を広げたり、ホール隣接スペースを活用して、広がりを出すこともできます。

収納

収納は靴だけではなく、ゴルフセット、スキー用品など頻度の高いものはついつい玄関先に収納したくなるものです。靴など下駄箱は天井までの高さのあるタイプのものを選ぶと収納力はあがります。また、玄関いっぱいを収納庫にしてしまうと圧迫感を感じます。壁に窓を付けるなど工夫をしてゆとりのスペースを確保したいものです。

玄関ドア

親子ドアや両開きドアなら介護など車いすでの方も使用できます。押して開けるハンドル式の玄関ドアの方が高齢者や介護などには開閉が便利です。部屋の中から施でも錠・解錠できる電気錠システムも便利です。

インターホンはTV・光・音

TVモニターのインターホンや、音と光で知らせてくれるインターホンなどがあります。

段差

玄関ドアのたたきとかまちの間に大きな段差があると出入りが大変なので、できるだけかまちを低くします。たたきとかまちの間にもう一段「式台」を設けるとよりラクに上がれます。このとき、たたきと式台、かまちの間は等間隔にします。段差上下のコントラストをはっきりさせて、はっきり認識できるような配慮があればなおよいでしょう。

玄関にすわる

玄関にい靴を履き替える際に、ベンチ等の座れるスペースがあると便利です。座った姿勢で履き替えができます。

手すり

立ち上がる際に手すりがあるととても便利です。

照明

人を感じて点灯する、人感センサー付き照明など玄関の照明は防犯の安全対策の一つにもなります。